| KNOCKOUT RECORDS| OFFICIAL MYSPACE| MIXI| MAIL| BLOG HOME|


HIBIKI'S BLOG。03年某ユニットでメジャーデビューするも方向性の違いを理由に脱退。以後ブランクをあけたが、活動再開。09年配信リリースを皮切りに待望のミニアルバムリリース予定。
by hibiyan_com
<   2009年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧
今日は撮影だからはよ寝よう
いやはや、

もう男気とは無縁なはずだったが、モモジロウのおかげでテキーラすいすいやっちまい、テキーラつながりでずっとメキシコークを飲むハメになっちまったぜ。


FGナイトだけあって、とてもリスペクトしている方にも久々にあえたりしたし、まぁ1日を通してたくさんの刺激をいただいたね。


アイスバーンとユースには大感謝だ。押韻主義バッカゲイン!


さて、今日は撮影です。
[PR]
by hibiyan_com | 2009-02-21 05:33 | BLOG的な
眠らない街東京
c0074323_035635.jpg

2月20日、いかがおすごし?


2月20日は、俺にとっちゃあ特別な日。でも過去を省みる暇もねーぜ!




渋谷ナッツのコンピのリリパの感想は後日に持ち越すとして、今は渋谷のアンダーバーで後輩たちのイベントに顔出してる。


女の子がひとりもいないから壁画を激写しといたよ。



このあとは渋谷ナッツのFGナイトいってくる。




んじゃまた!
[PR]
by hibiyan_com | 2009-02-21 00:35 | BLOG的な
ここから渋谷へ
電車で渋谷いくとき、
いつもどっちまわりで行くか悩む。

長津田からか、
菊名からか。
今は中山という駅からもいけるらしい。


というローカルな話をおりまぜつつ、
渋谷へ向かっているのでした。


アイスバーンとユースのライブまでには余裕で間に合いそうだ。



いっぱい刺激もらってこよーっと。
[PR]
by hibiyan_com | 2009-02-20 18:30 | BLOG的な
中川昭一ばりに眠いとき
とてつもなく眠いとき。
中川昭一ばりに眠いとき。

そんなとき

ツーでナウでヤングなBOYS&GIRLSは
「ナショバネミー」
というらしい。
・・・というのは嘘だが、

今日の午後は「ナショバネミー」感じだった。
もちろん酒も飲んでないし、
風邪薬も飲んでないよぉー。

リアルに
とてつもなく眠すぎて、
誰かに何か聞かれようもんなら
「・・・どこだぁ!?」とか言いかねなかった。


しかし、
こうやって眠気をこらえている間にも
あーだのこーだのちんたらちんたらやってる間にも
世の中はとてつもない速さで動いている。


ロシアと中国が揉め始めたし、
北朝鮮と韓国の雲行きが怪しい。

そんな中、日本のHIPHOP界では
TERIYAKI beefなるDISソングが注目を集めている。


SEEDAとOKI(GEEK)によるTERIYAKI BOYZのディス(DIS)ソング。だ。


テリヤキバーガーを5つ用意して、
上から潰す様は痛快だった。
TERIYAKI BOYZは1stしか聴いたことがないが、
この騒動により火種となっている曲を聴いてみたい、
と思うのは自然の流れ。


TERIYAKI BOYZサイドが
HIPHOPマナーにのっとり
アンサーソングをお洒落に返してくるのかどうか!?
が、
今一番皆が注目していること。


外野は気楽なことしかいえないが、
実に
面白い展開で今後が楽しみだ。


さて、楽しみといえば、
明日は岡山からマメンYOUTHもやってくるという
コチラのイベントに顔を出そうと思ってマッスル。
ICE BAHNとYOUTHのガチンコをデカイ場所で観てくるサ。
豪華だぎゃ。

c0074323_17435599.jpg

[PR]
by hibiyan_com | 2009-02-19 17:49 | BLOG的な
合コンクラブ・カプチーノ
「婚活」

っちゅう言葉が
今年の流行語大賞候補になるのは
間違いないとして、

「婚活」っていったい何さ? っていう話なんだけど
・・・それもおいといて、






俺は
毎週水曜日フットサルをしていて、
自分が発足した
チーム FCカフェラッテ町田を運営しているのだが、
同チーム内に、
名ばかりではあるが
他に2チーム存在している。
GFCエスプレッソというガールズチーム。
GCカプチーノという合コン・クラブ。


なんでも近々、
GCカプチーノが動き出す「らしい」。
なぜ、「らしい」なのかといえば、
自分はチームキャプテンであるにもかかわらず
GCカプチーノでは完全に蚊帳の外だから、
「らしい」としか言い表せないのだ。


GCカプチーノは、
「遊び感覚」の合コン予定はなく、
「ガチ」な合コンを主体としている「らしい」。


だが、次回催される合コンの相手が、
なんとamebaでOFFICIAL BLOGを展開する
【結婚願望】なるグラビアユニット
?たちなのだ。


自分は蚊帳の外だから、
あえてこんなことブログで暴露してみる。
怒られるかな? 笑


「婚活」という今年注目のキーワードとともに、
「結婚願望」なるユニットが注目される日も近いのでは??
なんてサキヨミ感も働く。


しっかし、既婚者は参加できないなんて、
どんだけガチな合コンなんだよ・・・。笑
[PR]
by hibiyan_com | 2009-02-19 09:45 | BLOG的な
BACK IN THE DAYs①
今日は恥ずかしい話をしよう。
初めて作詞作曲をした頃、
つまりは音楽人としてのスタート地点からの話だ。


初めて作詞作曲したのが中学1年の頃だと思う。
ジャンルでいえばフォークソングになるのだろうか。
この際、カテゴリーなどどうでもよい。


ギター1本にリズムマシーン、4トラックのMTR。


ギターはフェンダーJAPANのストラトキャスター、
リズムマシーンはYAMAHAの安いやつ、
MTRはFOSTEXかなんかのちゃちぃやつ。
今でこそ安いとかちゃちぃとか言えるけど、
当時の中学生にしては高額だ。
ニュースペーパーをデリバリーして稼いだ金で自分で買った。
頑張り屋さんだ。なんともほほえましい。


その頃は、バリバリのハードロックが好きで、
モトリークルーやディープパープル、
オジー・オズボーンなんかを弾いてた。
そのうちギターの速弾きなんかに興味を持ち、
イングウェイ・マルムスティーンや
ポール・ギルバート、ヌーノ・ベッテンコート
なんかの速弾きの世界へ入っていく。


だが初めて作詞作曲をしたのは、
ブルーハーツと尾崎豊を足して、
ジッタリンジンで割ったような曲だった。


ギターで簡単なコード進行を奏でて、
歌詞にAだのEだのDだのコードを振っていき、
リズムマシーンで簡単なドラムのビートを組んで、
シーケンスを組んでMTRに録音し、
ギターをなんとなく弾いて、歌を歌う。


そんな工程で6曲ほど完成したのが
中2から中3にかけて。
このあたりは中学生の分際で、
音楽的に並行してさまざまな活動をしていたのだが、
ラジオというメディアに初めて登場したのが、
自分名義の曲が先か、
あるバンドでが先だったかは記憶が定かではない。
バンドはトークつきの収録出演をはたしているのだが、
バンド名は忘れてしまうほどの即席コピーバンドで、
俺は14歳だったがメンバーはみな18~21歳の
ギターコーラスが3人にベース、パーカッションとボーカルという編成で、
俺はギターコーラスを担当していた。
歌った歌は「MR.BIG」の「TO BE WITH YOU」だ。
その話はまた次にするとしよう。



さて、
6曲ほどを収録したカセットテープを東北では有名な
TBCラジオのアマバンなんとかという番組に応募した。
俺は放送を聴いていなかったが、
隣のクラスの女の子の渡辺ゆきちゃんというコが聴いていて、
「昨日の○○ってヒビキじゃないよね?」
という具合で、自分の曲がラジオから流れていたことを知った。


6曲のうちどれが流れたのかは正確に思い出せないが、
・HEAVEN TONIGHT
・FALL IN LOVE
・TIME TAKES CARE OF EVERYTHING
というなんともほほえましい3タイトルだけは今でも覚えていて、
おそらくTIME TAKES~が流れたとのだと思う。
サビの歌詞が笑える。


Time takes care of everything~
もう~戻れない
Time takes care of everything~
すべてが~もう終わった~


Time takes care of everythingという言葉は、
当時映画でトム・クルーズとニコール・キッドマンが共演していた作品で、
「時間がすべてを解決する?」みたいな使い方をしていたから、
そのまま使った。



かくして、
俺の音楽人として初めて自作曲が世に公表された
いわばスタート地点は14歳から15歳ぐらいの時ということになる。


BACK IN THE DAYs
次回へ続く。
[PR]
by hibiyan_com | 2009-02-18 11:41 | BACK IN THE DAYs
東急の舎窓から
c0074323_1144476.jpg

見よ!
道はどこまでも続いている!
可能性は無限大だ!


たとえこの先がT字路になっていようとも、どこまでも伸びていると思えるから、迷わず進みたくなるんだ。


少なくとも、おれたちの目の前には道が広がってるぜ??
[PR]
by hibiyan_com | 2009-02-18 11:04 | BLOG的な
KNOCKOUT RECORDS OFFICIAL BLOG OPEN
KNOCKOUT RECORDS 新着情報。

所属アーティストそれぞれが日替わりで更新する、
KNOCKOUT RECORDS OFFICIAL BLOG
http://ameblo.jp/knockout-records/


OPENしております。

ワタクシHIBIKIは、
そちらのブログでは
KNOCKOUT TVの制作裏話を中心に書いていこうと思っています。
お楽しみにっ!
[PR]
by hibiyan_com | 2009-02-17 17:52 | NEWS
5/100冊目
週に2冊で1年間100冊読める、
っつう計算で始めたこのコーナー「1/100冊」だが、
2月も半ばを迎えた段階で、
まだ5/100だっ!!!!

正直、コンスタントに読書量を増やせる人を
尊敬しちゃうよ。
読書できる人=時間の使い方がうまい人
っつう勝手なイメージがある。
時間の使い方がうまくなれば、
もっと読書できるような気がする。


さて、
8割小説、1割ノンフィクション、1割実用書
こんなバランスシートだが、
今回もまた小説を2冊読破。










君たちに明日はない (新潮文庫)

垣根 涼介 / 新潮社



第18回 (2005年)山本周五郎賞受賞作。
スラスラっと読めた。リストラを舞台にしたサラリーマン小説ってとこかな。
続編の「借金取りの王子」も読んでみたい。














パレード (幻冬舎文庫)

吉田 修一 / 幻冬舎



第15回 (2002年) 山本周五郎賞受賞作。
ユーモアセンスあふれる文章で楽しませていただいた。
キャラクターに感情移入できた。ささっと1日で読破できた。


今回たまたまだが山本周五郎賞を受賞している2作を読んだが、
どちらも物語としてとても読みやすかった。
山本周五郎賞受賞作を調べてみたが、
第2回の吉本ばなな 『TUGUMI』 (中央公論社刊)
以外読んだことはなかった。

次も山本周五郎賞受賞作を攻めよっかなーっと。
[PR]
by hibiyan_com | 2009-02-17 12:36 | 1/100冊
K-1 WORLD MAX 2009
c0074323_1757043.jpg


俺(左)、我龍さん(中央)
これはだいぶ前の写真だけど、
世界タイトル挑戦したときの試合後かな。
このときは結果ドローで、
タイトル奪取はならなかった。

懐かしいこれらの写真はジュンの我流日記さんから拝借ッ!

c0074323_1825294.jpg

c0074323_183682.jpg

c0074323_1833393.jpg





さて、我龍選手、
去年の
キシェンコとの対戦以来のK-1のリングッす。


FieLDS K-1 WORLD MAX 2009
〜日本代表決定トーナメント〜

開催日: 2009年02月23日(月)
開始: 17:00
会場: 代々木競技場第一体育館

オープニングファイト 70kg契約 3分3R
我龍真吾(ファイティングマスター/WMAF世界ミドル級王者)
大渡博之(正道会館)




ひっさびさに応援しに行きたいナァ。
[PR]
by hibiyan_com | 2009-02-14 18:04 | SPORTS