| KNOCKOUT RECORDS| OFFICIAL MYSPACE| MIXI| MAIL| BLOG HOME|


HIBIKI'S BLOG。03年某ユニットでメジャーデビューするも方向性の違いを理由に脱退。以後ブランクをあけたが、活動再開。09年配信リリースを皮切りに待望のミニアルバムリリース予定。
by hibiyan_com
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
姫君


6年前に山田詠美の「姫君」という本を読んで、
冒頭に出てきた言葉から連想して作った曲が、
全国流通コンピレーションCDに収められた自身初のソロ曲、、、
だったような気がする。

曲としてはラップが激ウマすぎてもうさすがに聴けないが、
歌詞としては今でも気に入っています。
タイトルは「10cc」という。なにについて歌っているのかは、
逆に「姫君」を見てくださいって感じですが。

そうそう、
話は120度変わって、
今年からBANDはじめました。まるで冷やし中華はじめました的なノリです。
しかももうアルバムサイズで作ってます。
パートはトランペットです、というのは嘘ですが、
なかなか面白い感じのBANDです。
曲あがったらサクサクさわりだけでも試聴できるようにしときます。

ソロの曲もたまってきたんで、コソコソさわりだけでも試聴できるようにしときます。
びびるよーたぶん。

で、もうじきノックアウトレコーズの新年会です。
ノックアウトレコーズの年間行事は新年会が一番のBIGイベントで、
年間を通してほとんど活動していません。泣笑。
頑張って活動しないとね。


話は60度かわって、
今さらながら嫌われ松子の一生の原作を読んでいるんだが、面白い。
ドラマも映画も見ていないので。


PS:
世界同時株安で世間は大騒ぎでしたが、
むしろバーゲンセールだったので、
安く買わせていただきました。ごちそうさまです。

うーん30代っぽい日記になってきたぁ・・・
[PR]
by hibiyan_com | 2008-01-24 21:59
今週のヘビロリスト


リズム・ファンク・マスターズ の アフロ・アメリカン・アークティック。

北欧フィンランドのアフロ・ビートバンド。
特に情報はないんだが、やたら新鮮。ファンクですね。かっこいいです。
妙に出音があったかい。
最近は何をするでもなくただなんとなく部屋にいるときはこれをかけてます。
しかし3曲目 NUDINUFFがかかると体が自然に動きます。



フランク・ザッパ の ザ・ベスト・オブ・フランク・ザッパ。

ギター少年だった10代の頃、雑誌ヤングギターなどによく名は出ていたものの、正直、フランク・ザッパ自体をまともに聴いたのはHIPHOPをやりだしてからになる。
その世界観はどでかくてこんなシングルを集めたベスト盤では物足りない。
しかし、リリースされたアルバムは60枚以上にのぼる。
ワシはまだ10分の1程度しか耳にしていない。まだまだ楽しみが残っているわけだ。


セロニアス・モンク の ソロ・モンク+9。

2008年、今年はJAZZに没頭しようと心に決めた。正直JAZZの知識など皆無。
地図をもたずにアメリカ大陸に乗り込むような気分だ。
そんな中、地球の歩き方的にサクっとJAZZのイロハ本を目にして、
結果、JAZZ PIANOから攻めることにした時、
いくつかあがっていた名前の中からいくつかを聴いた中で、
このセロニアス・モンクの音色にやられた。
いまさらながらJAZZの世界にこんにちわ。今後の出会いも楽しみです。



シルヴィ・バルタン の シルヴィ・バルタン・ベスト・コレクション。

最後はおまけ。邦題の「あなたのとりこ」しか聴いてませんが。
O型乙女座のロマンチスト人間には3時のおやつにシルヴィ・バルタンです。
これを聴いているときに浮かぶ情景。あなたにも見えるといいですね。
[PR]
by hibiyan_com | 2008-01-14 13:53 | 音楽紹介
イソフラボーンをユビザイルで阻止
磯釣りは男のロマンじゃ。

何を隠そう(何も隠していないが)、
俺は釣りが好きだ。
月に2度は海釣りへ出向くようになった。

そうはいっても釣り歴は浅い。昨年の5月からはじめた。
それまでは好きではなくむしろ嫌いだった。

基本的に気が短い。せっかち。
のんびり竿たらして待ってられっかと。
退屈じゃねーかと。
そう思っていたが、
実際にやってみたら釣りは守りのスポーツではなかった。
むしろ攻める釣り。攻める釣りを知ってからハマった。
攻めすぎるもんで5~6時間があっという間に過ぎる。。。

今年は、すでに2回ほど磯釣りへ出向いた。

いい磯だった。油壷マリンパーク下。
釣っていてアイナメや海タナゴやベラやらがかかる。
狙っていたメジナはかからなかった。
もっと釣れる場所がないもんか?
入り組んだ磯。奥まった場所。底が深そうな海。
あそこならすごい釣れそう!!
そう思った俺は、
幅10センチ程度の足場、
右は海で左は巨大な岩。
まさにインディ・ジョーンズのようにゆっくりとかつ慎重に秘所めがけて進んだ。

そのとき、足がすべり、フラっと一瞬からだが浮いた。
下は相当深い冬の海・・・。
あ、落ちる!
一瞬の出来事だったがとてつもなく長い時間に感じられた。
まるで大磯ロングビーチの10Mの飛び込み台から落ちたときの時間の感覚に似ていた。
「あ、こうやって落ちるんだ~ 冷たそうだな~」
的なことを考える余裕がありつつも、
「ぜってぇやだ!」
と、とっさに左手で左側の巨大岩に手をかける。
薬指と人差し指。この2本だけで瞬時に体をささえ、
俺は海にドボンせずにすんだ。

まさに磯フラっボーンを指ザイルで止めた。

意味がわからない。
とにかく、
夢中になりすぎたり好奇心のあまりに事故を引き起こさないよう、
気をつけようと思ったのでした。

海の向こうにみえる富士山がきれいでした。
(って写真ナシかよ!)
[PR]
by hibiyan_com | 2008-01-09 13:34 | BLOG的な
ジャック・バウアー
年末年始にかけて24シーズンⅥを見ました。

かなりのマニアです。もう義務的。見ないわけにはいきません。
でも、
Ⅵともなると、もうなんてゆーの? 8割方ヨメちゃうっての?

サプライズなことがおきるであろうポイントとかヨメちゃう。

あ、ここはクールダウンでロマンス的な?とか。

ま、面白くないわけじゃなくて、
ヨメちゃう部分も含めて、嫌いではありません。
むしろ、好きです。


そういう意味で1~6を並べてみて、傑作だと感じたのはⅤですね。
全部ヨメなかったし。意外性の連続で。ラストまで。





さて、
1月は映画でも見まくろうかなーとか思ってます。
[PR]
by hibiyan_com | 2008-01-07 17:48 | BLOG的な
あけましておめでとうございます
今年も一年よろしくお願い致します。
[PR]
by hibiyan_com | 2008-01-01 16:54 | NEWS