| KNOCKOUT RECORDS| OFFICIAL MYSPACE| MIXI| MAIL| BLOG HOME|


HIBIKI'S BLOG。03年某ユニットでメジャーデビューするも方向性の違いを理由に脱退。以後ブランクをあけたが、活動再開。09年配信リリースを皮切りに待望のミニアルバムリリース予定。
by hibiyan_com
2009年 03月 05日 ( 1 )
BACK IN THE DAYs②
ギターを弾けばモテんじゃねーの?
っていうのがきっかけだったかどうかは
正確には覚えていないが
俺が最初にエレキ・ギターというものを手にしたのは
13歳、中学1年の正月だった。

白の YAMAHAの やっすいやつだったけど、
アイツと出会わなければ
おそらく今こうしてHIPHOPの世界にもいないだろうし、
ラップもしていなかっただろうと思う。

当時の愛読雑誌は
「BANDやろうぜ」
だった。

バンドをやろうとしている層が見る雑誌で、
国内バンドのインタビューも載っていたりで
どっちかといえばミーハーな部類の雑誌だった気がするが、
「BANDやろうぜ」にメンバー募集を出したことがあり、
10通以上の手紙が届いたが、
1通だけカミソリが入っていて
「中1のクソガキの分際でバンドなんかやってんじゃねーよ 死ね!」
というはるか遠方にお住まいの
お暇な方からわざわざ激励もいただいたっけ。

それでも黙々とギターを弾き続け
「BANDやろうぜ」では得たい情報が得られなくなり、
愛読雑誌は
「YOUNG GUITAR」へと変わる。
これは完全なるギター弾きのための雑誌で
ギタリストの機材紹介やら
日々のプラクティスや
ギタリストのスコアなどが掲載されていた。
2年間購読し続け
かじりつくようにすべてを読み
弾きこなしたもんだ。

それでも たいして モテはしなかった。

少なくとも、ギターを弾いているからモテてるわけではなく、
モテていたとしても
サッカーやっててチョイワルで調子のいい人としてモテてたのだと思う。

当時、真似て弾こうとしていたギタリストの覚えている限りの名前を出そう。
ランディー・ローズ、ザック・ワイルド、ジョー・サトリアーニ、
ポール・ギルバート、ヌーノ・ベッテンコート、スティーヴ・ヴァイ、
ヴァン・ヘイレン、イングウェイ・マルムスティーン、
リッチー・ブラックモア。

弾けていたつもりでいるけど、
たぶん、そんな弾けてなかったんだろうなと思う。笑。

いわゆる技巧に走ってしまい、
曲としてのカッコよさではなく
ギターソロの技巧だけに耳を傾けていた。

バンドで、
重要なのは
アンサンブルなのだ!と気づくまでには相当時間がかかった。

そして
中3のときに
人生初めてのBANDを結成するにいたるのだが?
しかも・・・。



続きは次回へ!!
seeya!!
[PR]
by hibiyan_com | 2009-03-05 17:22 | BACK IN THE DAYs