| KNOCKOUT RECORDS| OFFICIAL MYSPACE| MIXI| MAIL| BLOG HOME|


HIBIKI'S BLOG。03年某ユニットでメジャーデビューするも方向性の違いを理由に脱退。以後ブランクをあけたが、活動再開。09年配信リリースを皮切りに待望のミニアルバムリリース予定。
by hibiyan_com
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今使わずにいつ使うのだ!
トルメキアの王女 クシャナ姫(殿下)というのはご存知?

c0074323_1255072.jpg



マニアからはいまなお絶大な支持を受けている(らしい)。
なんの話か?
「風の谷のナウシカ」の話だ。

地上波でたまたま見た。
正直15年ぶりぐらいに見た気がする。

しかし不思議なことに、
セリフのタイミングまですべて体で覚えていた。
なぜなら、
映画館で封切直後につれてってもらったし、
家には原作もあったし、
VHSかなんかでも擦り切れるまで見てたし、
サントラLPなんかもあったし、
音声だけのTAPE(自主制作?w)なんかもあった気がする。
小学生ぐらいの時だと思うが・・・。
実際、それほど熱烈に好きだった記憶はないんですけどね・・・。
それしかやることなかったのか???



セリフのタイミングとか、
すげぇ覚えてんのな。びっくりしたよ。

しっかしアレだね。
ガキん頃はほとんど理解してなかったね。
メッセージを。
内容を。
笑。
あーそういう内容なんだーって。いまさらかよ。
ガキながらおぼろげにメタファーはとらえてたんだけど、まあ、いまになって本質をようやく理解したかなって感じ。お深い。


で、前述のクシャナが
蟲にやられた義手を見せて彼女が
「我が夫となる者はさらにおぞましいものを見ることになるだろう」
コレの意味さえわかんなかったもん。当時。
それが上のことか下のことかはいまだにわかりませんが。



んで、まあ
俺はそのトルメキアの王女クシャナ殿下が好きなわけ。
女王様タイプが好きなんだ?とか安直な意見が出そうだけど、
あまーーーーい。俺はああいうSを演じているけど実は(以下省略


・・・と、話は音。
今聴いてもサントラ秀逸。
有名なの以外80’S サウンド(音色が)ど真ん中。
さすが。
らんらんらららんらんらーん♪ も もちろん秀逸。


結論。
色あせない作品。
10年後も受け手にまた違うメッセージを発するに違いない。
ブラボー。
[PR]
by hibiyan_com | 2008-06-07 01:24 | BLOG的な
<< そしてユーロが始まった たばこ1箱1000円 >>