| KNOCKOUT RECORDS| OFFICIAL MYSPACE| MIXI| MAIL| BLOG HOME|


HIBIKI'S BLOG。03年某ユニットでメジャーデビューするも方向性の違いを理由に脱退。以後ブランクをあけたが、活動再開。09年配信リリースを皮切りに待望のミニアルバムリリース予定。
by hibiyan_com
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今週のヘビロリスト


リズム・ファンク・マスターズ の アフロ・アメリカン・アークティック。

北欧フィンランドのアフロ・ビートバンド。
特に情報はないんだが、やたら新鮮。ファンクですね。かっこいいです。
妙に出音があったかい。
最近は何をするでもなくただなんとなく部屋にいるときはこれをかけてます。
しかし3曲目 NUDINUFFがかかると体が自然に動きます。



フランク・ザッパ の ザ・ベスト・オブ・フランク・ザッパ。

ギター少年だった10代の頃、雑誌ヤングギターなどによく名は出ていたものの、正直、フランク・ザッパ自体をまともに聴いたのはHIPHOPをやりだしてからになる。
その世界観はどでかくてこんなシングルを集めたベスト盤では物足りない。
しかし、リリースされたアルバムは60枚以上にのぼる。
ワシはまだ10分の1程度しか耳にしていない。まだまだ楽しみが残っているわけだ。


セロニアス・モンク の ソロ・モンク+9。

2008年、今年はJAZZに没頭しようと心に決めた。正直JAZZの知識など皆無。
地図をもたずにアメリカ大陸に乗り込むような気分だ。
そんな中、地球の歩き方的にサクっとJAZZのイロハ本を目にして、
結果、JAZZ PIANOから攻めることにした時、
いくつかあがっていた名前の中からいくつかを聴いた中で、
このセロニアス・モンクの音色にやられた。
いまさらながらJAZZの世界にこんにちわ。今後の出会いも楽しみです。



シルヴィ・バルタン の シルヴィ・バルタン・ベスト・コレクション。

最後はおまけ。邦題の「あなたのとりこ」しか聴いてませんが。
O型乙女座のロマンチスト人間には3時のおやつにシルヴィ・バルタンです。
これを聴いているときに浮かぶ情景。あなたにも見えるといいですね。
[PR]
by hibiyan_com | 2008-01-14 13:53 | 音楽紹介
<< 姫君 イソフラボーンをユビザイルで阻止 >>