| KNOCKOUT RECORDS| OFFICIAL MYSPACE| MIXI| MAIL| BLOG HOME|


HIBIKI'S BLOG。03年某ユニットでメジャーデビューするも方向性の違いを理由に脱退。以後ブランクをあけたが、活動再開。09年配信リリースを皮切りに待望のミニアルバムリリース予定。
by hibiyan_com
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
イソフラボーンをユビザイルで阻止
磯釣りは男のロマンじゃ。

何を隠そう(何も隠していないが)、
俺は釣りが好きだ。
月に2度は海釣りへ出向くようになった。

そうはいっても釣り歴は浅い。昨年の5月からはじめた。
それまでは好きではなくむしろ嫌いだった。

基本的に気が短い。せっかち。
のんびり竿たらして待ってられっかと。
退屈じゃねーかと。
そう思っていたが、
実際にやってみたら釣りは守りのスポーツではなかった。
むしろ攻める釣り。攻める釣りを知ってからハマった。
攻めすぎるもんで5~6時間があっという間に過ぎる。。。

今年は、すでに2回ほど磯釣りへ出向いた。

いい磯だった。油壷マリンパーク下。
釣っていてアイナメや海タナゴやベラやらがかかる。
狙っていたメジナはかからなかった。
もっと釣れる場所がないもんか?
入り組んだ磯。奥まった場所。底が深そうな海。
あそこならすごい釣れそう!!
そう思った俺は、
幅10センチ程度の足場、
右は海で左は巨大な岩。
まさにインディ・ジョーンズのようにゆっくりとかつ慎重に秘所めがけて進んだ。

そのとき、足がすべり、フラっと一瞬からだが浮いた。
下は相当深い冬の海・・・。
あ、落ちる!
一瞬の出来事だったがとてつもなく長い時間に感じられた。
まるで大磯ロングビーチの10Mの飛び込み台から落ちたときの時間の感覚に似ていた。
「あ、こうやって落ちるんだ~ 冷たそうだな~」
的なことを考える余裕がありつつも、
「ぜってぇやだ!」
と、とっさに左手で左側の巨大岩に手をかける。
薬指と人差し指。この2本だけで瞬時に体をささえ、
俺は海にドボンせずにすんだ。

まさに磯フラっボーンを指ザイルで止めた。

意味がわからない。
とにかく、
夢中になりすぎたり好奇心のあまりに事故を引き起こさないよう、
気をつけようと思ったのでした。

海の向こうにみえる富士山がきれいでした。
(って写真ナシかよ!)
[PR]
by hibiyan_com | 2008-01-09 13:34 | BLOG的な
<< 今週のヘビロリスト ジャック・バウアー >>